ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株チャートの見方 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

ネット株チャートの見方

ネット株のチャート見方

オンラインで株取引をした場合、株のチャートがどのようになっているかをコンピューター画面上で確かめて、株の動きを予測することができます。そして、そのチャートの見方は、普通のチャートの見方と基本的に同じです。

代表的なチャート日足・週足・月足チャート

インターネットによる株取引をする会社を利用すると、家の中で株取引ができます。そして、株の値動きを示すチャートもオンラインで見ることができます。チャートとは、過去どのように株価が上がったり下がったりしたかを示すグラフです。

そこから、今後どのように株価が変動するかを予測します。例えば、その日一日で株価がどのように値動きしたかを示すには、ローソクの上下にひげがついたような物で表します。ひげの上の部分は、その日一番高い株価で『高値』ひげの一番下の部分はその日一番安い株価で『安値』と言います。

ローソクの上の部分の価格は、その日の終わりの値段で『終値』下の部分はその日の始まりの値段で『始値』といいます。その日一日で、株価が下がると、始値より終値の方が安くなる場合があります。その場合は黒いローソクで表し、下の終値が始値となります。こうすると、株価の動きが細かく分かりますが、大きな流れをつかみたい時は、1週間ごと、1ヶ月ごとにこの図を作ります。そして、これらを期間に応じて『日足』『週足』『月足』と呼んでいます。

その他のチャート

移動平均線と呼ばれるグラフがあります。これは、折れ線グラフあるいは曲線グラフです。折れ線グラフや曲線グラフと言えば、どうしてもその日の終値や始値などを結んでグラフにしたものと思うかもしれませんが、そうではありません。

移動平均線は、その日から過去5日間なら5日間にわたって終値の平均を取りそれをグラフ上にとって結んだものです。その日の株価が、過去5日間の株価の終値の平均よりも高ければ、株価は上昇傾向にあるといった見方をします。

トレンドラインは株価の動きを教えてくれます。株価が上昇している場合は、株価の安値と安値を結んで直線にします。下落している場合は、株価の高値と高値を結んで直線にします。出来高とは、市場においてその日に売買が成立した株式の枚数で、棒グラフにして表します。
出来高が増えた場合でも、株価が上昇している場合はその株に期待していると考えられますが、株価が下落している場合は手放したがっていると判断します。こういった株価の動きをインターネット、あるいは携帯電話などでリアルタイムに見られることがネット株のメリットでしょう。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから