ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株値動き ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

ネット株値動き

ネット株の値動き

インターネットによる株取引をしていると、その多彩なチャート機能を使い株価の動きもいち早くつかむことができるでしょう。しかし、株の動きを見るだけではなくて、それによる群集心理まで読めるだけの力が大切になってくるのです。

株の値動きに伴う群集心理を読む

ネット株に限らず株価の動きをいち早くつかむことは大切なことですが、株の動きに伴う群集心理というものを読むことが株式運用では大切です。

このことは、ネット株の便利なツールでなし得ることではなく、経験や株式運用についての勉強が大きく関わってくる部分と考えられます。ある株価が上昇している場合を例にとってみましょう。投資家によって「この株はこれからも値上がりするだろうから買っておいて、さらに高くなったら売ろう」と思う人、「ここまで値上がりしたのだから売りに出そう」と考える人など様々な反応が考えられます。株価が全体的な傾向として上昇していっている時は、小さな上昇と下落を繰り返しながら全体としては上がっていきます。押し目買いといって、株価が少し下落したタイミングで買い、また上昇した時に売ることで大きな利益を得ようとする人もいます。

また、企業が全体的に好景気でアメリカの株価も上昇し、日経平均株価も上昇するなど、市場が強気の時は群集心理が働いて投資家も強気になる傾向があります。このような群集心理を読むことで、株取引に成功する可能性は高くなります。

「ダマシ」も想定に入れた株取引

株式に投資する人は、株価チャートがどのように動いていくかについて一定のパターンを知っています。そのパターンに基づいて株価の動きなどを読んでいきます。その読みが当たったら安心してチャートのサイン通りに、株を売ったり買ったりしていきます。

チャートを見て、今はこの株を買うべきだというサインが出たら多くの投資家は株を買いだします。株を買うことが有利な流れになった時は、その流れに乗って株を買い、いいタイミングで株を売ることで大きな利益をあげる事ができます。

逆に株価のチャートがパターン通りに動かず、反対の動きになるような場合を『ダマシ』といいます。チャートのパターンが、株価の値上がりのパターンを示しているのに、逆に株価が下がりだした時は、パターンを覆す以上の強い圧力があったということになります。

そして、そのパターン通りに株価の値上がりを読み、多くの人が株を買うと損をする人がたくさん出てきます。このことからさらにパニックになり、株を売る人が増えてきて、さらに株が下がるような事も起きてきます。このようなことも、自分の想定に入れたうえで、株取引をすることが大切です。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから