ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

SBI証券 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

SBI証券

SBI証券 ネット株

SBI証券は、『スタンダードプラン』と『アクティブプラン』の2つの料金体系が準備されていて、投資スタイルによって選べます。また、『HYPER SBI』というトレーディングツールを使うことができ、株の情報提供などのサービスも充実しています。

SBI証券の2つの料金プラン

SBI証券は、180万口座もの口座を開き、多くの人に利用されています。手数料は100円からの格安手数料となっています。『スタンダードプラン』は、一度に取り引きする金額が大きい方に向いたプランです。

1回の約定代金ごとに手数料が決まります。現物取引は、1回の約定料金が10万円までは200円、20万円までは250円、50万円までは450円と増えていき、3,000万円を超えると1,575円です。信用取引では、20万円までは150円、50万円までは200円、50万円を越せば400円です。『アクティブプラン』は1日の約定の合計料金で手数料が決まるプランで、1日にたくさんの金額を取り引きする人にとって有利なプランです。現物取引では、10万円までは100円、20万円までは200円、30万までは300円と増えていき、100万円を超えると420円ずつ増えていきます。

信用取引では、10万円までは100円、50万円までは250円、100万円までは500円で、以降100万円増えるごとに420円ずつ増えていきます。現物取引でアクティブプランを活用すると10万円以下の商品なら手数料が100円です。1回の取り引きが少額だとアクティブプランの方が得ですが、100万円を超える約定をするとスタンダードプランのほうが有利になることが多いようです。

金額が大きくなるほどその差は大きくなります。現物取引を例にすると、スタンダードプランは、1,575円が上限であるのに対して、アクティブプランは、100万円までは800円で、その後100万円増えるごとに手数料が420円ずつ増えるからです。

SBI証券の便利なトレーディングツールとサービス

株取り引きに便利なツールとして、株価リアルタイムトレーディングツール『HYPER SBI』が用意されています。HYPER SBIは専門的な機能を備えており、情報収集にすぐれ、取り引きもスムーズに執行できて優れた安定性を持ちます。株の発注はマウスのドラッグ&ドロップ機能を使って簡単に行うことができます。複数の注文をあらかじめストックしておく機能がつくなど、株取り引きを積極的に行いたい人を満足させるような機能が満載されています。

口座開設後1ヶ月は無料ですが、その後料金が発生します。しかしながら、『前の月1ヶ月の間に約定の回数が3回以上である。』『前の月の末の最終営業日17時の時点で電子交付サービスを選択して利用する。』こういった条件を満たしていれば無料で使えるのです。すなわちSBI証券を頻繁に利用する人にとっては、無料で便利なツールを使えることになるのです。

また、SBI証券に株を貸して貸株金利を受け取ることのできる『貸株サービス』や、幅広い株主優待情報を無料で受け取るサービスも利用できます。手数料無料でインターネットやATMなどを利用して、入金・出金することもできます。忙しい人のためには、携帯電話を利用しての情報収集や取り引きができ、夜間に株取引のできるPTSのサービスも充実しています。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから