ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

取扱商品で比較 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

取扱商品で比較

取扱商品で比較

現在ネット株は、さまざまな証券会社で取り扱われていますが、取引を行おうという場合にはやはり会社を比較する必要があります。会社の「顔」となるものは取扱商品であり、その魅力が利用者を集めるのです。

取扱商品の多さ

株式投資を行う場合においては、リスクについて考えることを忘れてはいけません。やはりいつ何時不測の事態が起こり、投資している株式が何の価値も持たなくなってしまうか、予想のつかない部分はあります。

そこで推奨されるのが「分散投資」です。さまざまなスタイルの株式に投資し、ダメージを受けた場合にもその痛手を最低限にとどめるのです。最も取扱商品のバリエーションが充実しているのは『マネックス証券』でしょう。FX、先物、ミニ株、個人向けの国債、IPO、投資信託、REIT、ETF、立会外分売、夜間取引と、あらゆるスタイルを網羅しています。続くのが『オリックス証券』でしょうか。ミニ株を除いては、扱いのない商品は見当たりません。

『楽天証券』ではミニ株のほか、個人向け国債の取り扱いも行われていませんが、それでも充実の商品ラインナップとなっています。ただとにかく取扱商品が多ければ良いということでもなく、取引を行う方が何を重視するかということもポイントになります。手軽さを求めるのであればミニ株を扱っていてほしいところですし、安定性であれば個人向け国債といったところでしょうか。

投資タイプによる取扱商品の比較

近年ネット株による投資を始める方の層が広がってきています。純粋に投資を追求していく本格志向の投資家の方のほか、手軽に始めたいという方、主婦やOLといった女性投資家も増えています。初心者の方にも比較的手軽に始めることのできるものが「ミニ株」です。通常よりもはるかに少ない資金で株式を調達することができます。取引単位は少ないながらシステムが変わるものではありませんので、取引を初めて行う方でも「勉強の場」にすることができます。

ミニ株を扱っている主な証券会社としてはマネックス証券や『カブドットコム証券』などがあります。商品の安定性から信頼性の高い商品が個人向け国債です。こちらもマネックス証券のほか、オリックス証券でも扱われています。一方、投資活動をある程度続けてきた上級者がターゲットとするものがIPO。新規公開株です。しっかりと各企業の動向などを探りながら取引を行うことになります。

IPOの申し込みについてはマネックス証券、オリックス証券、楽天証券、松井証券、カブドットコム証券、丸三証券など、多くの証券会社において取り扱いがあります。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから