ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

デイトレード必須ツールで比較 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

デイトレード必須ツールで比較

デイトレード必須ツールで比較

ネット株の取引を行う場合においては、各社で取引を円滑に行うための「取引ツール」を用意しています。その使い勝手が取引の快適性を左右するといっても過言ではありません。しっかり情報収集しておく必要があります。

取引ソフト

ネット株の取引に対応しているほとんどの証券会社においては、専用の取引ソフトが提供されています。リアルタイムでの株価の動き、各種のテクニカルチャートといった項目については、どの会社においても網羅されています。
例えば『楽天証券』においては、『MARKETSPEED』という取引ソフトが使用されています。基本的には利用料金は無料であり、スピーディーな発注を行うために特化してカスタマイズされた『MARKETSPEEDNano』というものもあります。さらに携帯電話用のものとして、『iSPEED』も開発されています。

『松井証券』では、自社オリジナルのソフトとして、『ディーリング・ブラウザ』を提供しています。価格は3,150円となりますが、完全に松井証券での取引にしか利用することができないものであり、市況に関するニュースとチャートが連動したり、人工の音声が株価をアナウンスしてくれるといったさまざまな特徴があります。

『Eトレード証券』もやはり、自社開発による取引ソフトを使用しています。『POWER E*TRADE2』というもので、月間の国内株式についての約定が10回を超えていれば、翌月は無料で利用することができます。

提供されるものは何でも「ツール」

広い意味でとらえると、ネット株の取引を行う場合においては、企業から提供される情報なども「ツール」として考えることができます。証券会社では、市況の動きなどに関してメールマガジンを配信したり、取引のイロハに関するセミナーを開講することがありますが、すべてがツールと位置づけられることにもなります。
例えばメールマガジンですと、毎日、毎週といった配信スタンスがあり、内容も株式市場に影響を与えそうな時事ニュース、経済界全体の動向、株式市況に関する情報など、取り扱われるものはさまざまです。

セミナーに関しても、ネット株取引を取り扱っている各社だけあって、オンラインセミナーが頻繁に行われています。対象も初心者投資家の方から中級者、上級者に向けたものまで幅広く、どこかの会場へ足を運ぶこともなくパソコンの前でリラックスして臨むことができます。取引に役立つヒントを多く得ることができます。

現在は各社でも、ネット株取引の経験がない方へ向けてのサポートを充実させていますので、未経験の取引であっても事前の不安を軽減させることができるでしょう。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから