ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

手数料・料金で比較 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

手数料・料金で比較

手数料・料金で比較

ネット株による投資を行いたいという場合には、どのような銘柄を扱おうかということもさることながら、どのような会社で取引しようかということを決めなければなりません。
儲けを考える前に、必要費用となる手数料などのことを忘れてはいけません。

取引手数料は少しでもお得に

ネット株を取り扱っている証券会社はかなりの数になっています。やはり投資家を集めたいというところから、各社とも自社を差別化させようと、さまざまなサービスを打ち出しています。

そのひとつが、必ず取引する際には必要となるコストである取引手数料の金額の低減化です。「無料」であるところも増えてきています。今や、年間での口座維持手数料については、基本無料ということが当たり前にもなっています。実際の取引の際の手数料が問題となってきます。現物取引の手数料としては、『丸三証券』において、取引金額でなんと20万円までが無料となっています。『松井証券』でも、10万円までの取引金額であれば手数料は無料となっています。

一方、『楽天証券』では手数料が無料ということはないのですが、取引金額が大きくなっても手数料の金額の上がり幅は少なくなっています。取引金額10万円までの手数料が145円で、取引が300万円までという高額になっても手数料は1,209円です。丸三証券の場合は、300万円以下の取引手数料は2,520円となっています。

さまざまな手数料を比較

ネット株の取引についてかかる手数料にはいくつかのものがあります。取引量に応じて発生する「定額手数料」というものがあります。『オリックス証券』では、1日の取引金額が合計で50万円を超えなければ、何度取引を行ったとしても手数料は315円となっています。これは業界でも低い水準となっています。

手軽な投資方法として注目されているミニ株の取引についても手数料は関係します。取引可能な株数が最低10分の1ですので、利益も同じく10分の1となる可能性があります。
そこに手数料が発生すると、かなり利益が削られてしまう恐れもあります。500種類以上の銘柄を取り扱っている『マネックス証券』においては、取扱金額にかかわらず、取引手数料は一律で500円となっています。

また、株取引のインターネット化によって注目を集めている信用取引に関しては、信用取引手数料が発生します。「制度信用取引手数料」、「一般信用取引手数料」という2種類があります。オリックス証券ではいずれも定額で315円、『楽天証券』では定額で472円といったようになっています。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから