ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

特定口座 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

特定口座

特定口座とは?

顧客などに代わって譲渡損益等を計算して年間取引報告書を作成する制度のことを言います。

特定口座のメリット

特定口座は一般講座とは違い、特定口座特有のメリットがあります。
最大の目玉となるサービスが、顧客に代わって譲渡損益等を計算して年間取引報告書を作成してくれるという点です。これにより確定申告が非常に楽になります。これは、年間取引報告書を年末基準で作成して、翌年の1月末までに顧客のお届けの住所に郵送されます。
この年間取引報告書を利用することで、煩雑な確定申告の準備などをする手間が省けます。国内公募株式投資信託や上場株式等の譲渡損益と損益換算を使用する場合などにも、年間取引報告書を利用するだけで確定申告の時に便利になります。

特定口座の源泉徴収のメリットとデメリット

特定口座の場合、源泉徴収のあり、なしを選択することができます。
この源泉徴収ありを選択された場合には、確定申告が原則的には必要がなくなります。源泉徴収ありの口座の場合、売却取引の都度に、年初からの譲渡損益を計算して、損益が出た場合にはすでに徴収している税額から払い戻しされ、利益が出た場合には源泉徴収をそのまま行います。

また、源泉徴収ありの口座を選択した後であっても、確定申告を行うことができますので、他の金融機関や一般講座の特定口座との損益計算・損失の繰越控除を処理することが可能です。確定申告しない場合には、特定口座での利益は、所得合計額に含めなくていいため。健康保険料が安くなったりしますので配偶者控除や扶養控除の判定の時には有利となります。
デメリットとして、確定申告をしない場合には、定率減税や損失繰越などの優遇措置を受け取ることができません。また、確定申告する時には、特定口座での利益は所得合計額に含めなければなりません。これによって健康保険料が高くなったりしますので、配偶者控除や扶養控除の判定の時には不利となってしまうことがあります。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから