ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

空売り ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

空売り

空売りとは何か?

投資対象である現物を持たずに、将来的価値のある対象物にて売買取引をするという特殊な取引です。

空売りの概要

空売りは、商品先物取引や為替証拠金取引なども主に使用される用語です。
差金決済を条件としたこれらの市場にて、売買であることが条件であるため、分かりやすくショートと呼ぶことが多いです。この空売りというのは、対象物の価格が下落していく局面でも、売買取引にて利益を得られる手法の一つなのです。空売りの用語で信用売りや、ハタ売りも同義語です。

元来の空売りとは、対象物を持っていない状態で特定の日に、対象物を特定の値段で手渡す売買取引をするという信用売りを示しました。この売買契約を履行するために、決済期限前までに対象物を検索することになります。ここで、決済予想の間に、対象物の値段が契約の値段よりも値下がりしてしまうと、対象物を安値で仕入れて契約時にて、高値で決済することになり、その差額で利益が発生します。逆に対象物の値段が上がってしまうと、高値で買い取って安値で対象物を決済しなければならないので、その差額で損失になってしまいます。

空売りのメリットとデメリット

空売りというのは経済的資産がない場合でも、株式を公開市場にて売買することができるという詐称でもあります。空売りのメリットは、株価が高いときに売り、安くなったときに買い戻すことで、その差額にて儲けが発生します。この差額が大きければ大きいほど利益が生じます。デメリットは、まず特定口座が使えないということです。

次に担保金が必要ということです。もし返済できなくなった場合、証券会社は担保を処分してこれを回収します。時と状況によっては、追加金を要求されたりもします。最後に、そのブランドが値上がりを続けていけば大損になってしまうことです。この空売りは経験者でも非常に危険とされる売買取引の手法です。空売りは確定申告が苦手な人には、特におすすめできない手法です。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから