ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

配当金 ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

配当金

配当金

配当金は、株式を持っている人がその企業の出した利益の還元を受けるというものです。利回り率は企業ごとで異なりますが、銀行の利息より良いのが普通です。配当金を受け取るには、特別な手続きを行う必要はありません。

配当金とは

配当金とは、持っている株式の企業が利益を上げたときに、その利益の還元を株主に行うことです。株式を持っている人に、ある意味お礼のような形で配られるのです。配当金がいくらになるのかは、その会社の業績によって異なります。業績が悪いと出ないこともあります。

配当金は、だいたい利回り1%前後となるのが普通です。1%というと、銀行の利息に比べるとはるかに大きいのです。銀行にお金を預けても、年間で0.01%の利息ということがあります。それに比べると、利回り1%というのはかなり大きなものです。貯金で財産を増やすということはとても難しい時代ということですね。

銘柄によっては、配当金は銀行の利息の何十倍や何百倍になるのです。資産を増やすということを狙うのであれば、銀行に預けておくよりも配当金をもらうという方法が良い方法ですね。配当金は、株式を持っていれば毎年もらうことができます。配当金は、その企業が配当金を出す限り、ただ株を持っているだけで毎年もらうことができるのです。つまり、不労所得を得ることができるのですね。

ただし、株式投資は必ずしも利益をもたらすわけではありません。例えば、株が値下がりすることもあります。

配当金の受け取り方

配当金を受け取るには、特別な手続きは必要ありません。証券会社に届出をしている住所宛に、郵便振替支払通知書を送ってもらうことになります。それを郵便局に持っていくことで、換金することができるのです。また、振込口座を指定しておくこともできます。そうすることで、配当金を口座に振り込んでもらうこともできるのです。証券会社の口座に配当金を足してくれる証券会社もあります。どれにしても全く手間がかかりません。ただ配当金をもらうのを待つだけでいいのです。

ただし、配当金をもらうには条件があります。通常は会社の決算日の時点で株主だった人が対象となります。決算日は会社によって異なります。決算日に株式を持っている人が対象ということは、決算日の1日だけ株式を持っていた人も対象になるのです。

つまり、配当金をもらうために株式をずっと持ち続ける必要はないということです。しかし決算日当日に購入するのではなく、決算日の5営業日前までに株を購入する必要があります。ネット証券だと実感がわかないこともありますが、株式の受け渡しには4営業日かかりますよ。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから