ネット株・信用取引の口コミ評判

ネット株・信用取引の口コミ評判

短期投資(ウィークトレード) ネット株・信用取引

最新!ネット株初心者が今開設すべき口座を徹底比較!

短期投資(ウィークトレード)

短期投資(ウィークトレード)

ウィークトレードはスイングトレードの一つの形と言われ、1週間単位のスパンで株の売買をしていく投資方法です。デイトレードのようにリスクが大きくなく、ある程度利益も上がりやすい方法で、初心者向きの投資方法であると言えます。

デイトレードのリスク

デイトレードは、主に株式の値動きの動きが激しい銘柄に対して行われます。
1日に何度も株の取引をするデイトレードに対して、2日〜10日の間、買った株を持っておいて様子を見るような方法をスイングトレードと言います。

1日に何回も株の取引を行うデイトレードは、うまく行えば大きな利益をあげるが、失う時の金額も大きいというギャンブル性のある株取り引きです。

最近では、トレーディングツールなどの発達によってデイトレードもやりやすくなりましたが、それでも勤務していれば一日中株を見ることはとても難しいことでしょう。株を勉強した人ならば、株価チャートを見れば、どこで買ってどこで売ればいいか判断できることでしょう。しかし、デイトレードの場合はこの判断を瞬時にしなければなりません。いろいろな要因を考え合わせて、悠長に株の売り時・買い時を考えているようでは間に合わないのです。そして、デイトレードに参加している人はプロの投資家が多くその人たちに太刀打ちしなければなりません。

このように、デイトレードは初心者にとっては危険が大きいのです。また、値段の安定した株で中長期の投資をすると、利益が上がりにくいことから魅力を感じなくなって株の取引を辞める人も多いと言います。

ウィークトレードのメリット

そこで1週間ぐらいのスパンで株式の取引をするウィークトレードがお勧めなのです。デイトレードのように短い時間で瞬時に判断するのではなく、ある程度余裕を持って株価の動きを判断できます。1回の取引デイトレードほど大きな利益をあげるのは難しいかもしれませんが、危険も少ないと言えます。

ウィークトレードは、先ほど出てきたスイングトレードの一つの形と考えられます。デイトレードのように一日中株価の変動を見ている必要はなく会社員などでも行いやすく、高値と底値が予測しやすく初心者に向いた投資方法と言えます。中長期の投資に比べれば株取引の手数料を払う回数が増えますが、最近は証券会社の株式の売買の手数料も安くなったため、このような方法での株取引もやりやすくなりました。

ウィークトレードは、デイトレードのように頻繁に株の売り買いをするわけではありませんから、衝動的に売り買いするのではなく計画性を持って売り買いすることが大切なのです。そして、株価の変動を見て、10日前後かけて上昇し、10日前後かけて下落している銘柄を見て取引するとうまくいく可能性が高いのです。

ネット株初心者の為の厳選3社はここ!

当サイトが数ある証券会社から厳選して3社をご紹介!なぜ3社なのか!秘密はこちらから